料理好きな自称グルメな男のブログ。好きだから、料理の食材や調理道具、器にも多少こだわりがあるようです。しかし、レシピといってもいたって簡単なもので、入れるものくらいしか書いていません。だから、こだわり・いいかげんレシピになったわけです。

前サイトからこちらへ引っ越すこととなり、パート2としました。 酒好きの男の作る料理を紹介いたします。これからもよろしくお願いいたします。

土鍋で作る鯛めしの作り方ー炊き方ー

土鍋で鯛めしを炊くのですが、土鍋と炊飯器の違いに、水の量を見る線がないことがあります。

炊飯器だと、目盛りまで水を入れたらいいのですが、土鍋や土釜ではそうはいきません。

多少経験とカンに頼るところがでてくるでしょう。
でも、少しぐらい水の量が違っても、なんとかなるものです。

私は、鯛めしに限らす、米1合に対して、200mlを基準にしています。

ただし、米は洗ってざるにあげておくことが前提です。

土鍋や土釜によって、また、炊き方やご飯の硬さの好みによっても違ってくると思います。

ただ、土鍋や土釜の場合、ほんの少し多めに入れてもいいかと思います。

鯛めしを作るときは、1合のお米に対して、ダシ+醤油で200mlになるようにします。

醤油は、米1合に対して1勺(18ml)なので、

鯛めしでは、米一合に対して、ダシ 182ml 、 醤油 18ml ということになるでしょうか。

鯛めしだけでなく、炊き込みご飯(松茸ご飯、たこめしなど)では、この基準で計っていきます。

ただし、そんなに細かくではありません。

計量カップに、まず醤油を計って、そのうえからダシを足して、2合の米なら400mlで少し多めになったらOK、という具合です。(多少多くなっても大丈夫です。)

この、ダシや醤油を入れるときに、ダシを増やしたり、醤油を減らしたりするわけです。


次に火加減ですが、

いろいろと調整をすることもありますが、私は、中火で通します。

家庭ではコンロのカロリー数が違うので、中火といってもいろいろ変わってくると思いますが、
普通のコンロでは「やや強めの中火」といったところでしょうか。

それで、沸騰するまでほったらかしです。

大切なのは、炊いているときよりも 火を止めるタイミング です。

沸騰している間はグツグツいっていますが、そのうち水分がなくなって音がしなくなります。

完全に音がなくなったタイミングで火を止めるわけです。

そこで、そろそろかなと思う前に少し火を弱めると、多少タイミングがずれてもOKです。

おこげを作ろうと思って、音が消えて少しして火を止める時も、少し火を弱くしておくと失敗が少ないようです。

「おこげ」と言っても、土鍋や土釜に焦げ付いてしまうと悲惨です。初めは、焦がさないように作ってから調整してみてはいかがでしょうか。


グツグツいう音はサランラップの芯みたいなもので、鍋に当てて音を聞く人もいるようですが、私は、鍋に手を押しつけて振動で見ます。(ただし、熱いものに慣れていない人はダメですよ。家族の中でこれをするのは私ぐらいです。)

それともう一つ、ふたは開けてはいけないと言われていますが、火を止める前に一度くらいあけて見ても大丈夫です。

たまには、中がどうなっているかみたいと思いませんか。一度、火を止める前にふたを開けて見ると、このくらいの時間で米がどうなっているかが分かっていいですよ。
ふたを開けたらすべてがパーになることはありませんからご安心下さい。


火を止めたら、15分くらいそのままにしておけばできあがりです。

鯛の身は骨の付いているアラの部分と分けているので、中骨などアラのところを取り出せばいいわけです。

仕上げに、みつばをいれてかき混ぜます。
(かき混ぜるといっても、サックリとで、米を空気に触れさせる程度です。)

いかがでしょうか。

わかりやすくと思ったのですが、どうも私の場合、カンに頼っている部分があるようです。

それと、もう作ってしまったので写真が掲載できませんでした。今度何かを作るときは撮っておかなくては・・

鯛めしは、いろんな具を入れての炊き込みご飯よりも簡単に作れるので、便利です。

ただし、酒の肴にならないのでそんなに度々作るわけではありませんが・・・
-----

<< | 2/5PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

recommend

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

other links


レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
  • SEOブログパーツ
track feed 男の料理こだわり&いいかげんレシピ

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM