料理好きな自称グルメな男のブログ。好きだから、料理の食材や調理道具、器にも多少こだわりがあるようです。しかし、レシピといってもいたって簡単なもので、入れるものくらいしか書いていません。だから、こだわり・いいかげんレシピになったわけです。

前サイトからこちらへ引っ越すこととなり、パート2としました。 酒好きの男の作る料理を紹介いたします。これからもよろしくお願いいたします。

鱧の湯引き 煎り酒かけ

鱧の湯引き

鱧の時期ですね。スーパーへ行くと骨切りをした生の鱧があったのですが、本日は家内と二人だけなのでちょっと多すぎるので断念しました。

しかし、横に湯引きした鱧が一つだけ残っていたのでそれを買って帰りました。

なので、今回は自分で作ったボタン鱧ではなく、市販されている鱧の湯引きを使った料理です。

鱧料理をしようと思ったのは、「煎り酒」との相性が合うと思ったからです。

煎り酒は酒ではなくうま味と甘みの入った魚醤みたいな物でしょうか、さらには梅酢の味が加わり、鱧を食べるのにちょうどいいと思いました。

さらに、さっぱりと食べるために、湯に通した三つ葉を添えました。

材料は、二人分で

・湯引きはも・・・100g
・三つ葉  ・・・4、5本
・煎り酒  ・・・適量(かけて食べる分)

作り方は簡単で、鱧の湯引きに煎り酒をかければいいのですが、三つ葉の下準備がいります。

1.三つ葉の下準備
三つ葉は、2・3センチに切って、沸騰したお湯に通します。
まず軸の部分だけ入れて1分くらい茹で、葉の部分を入れて全体が湯に浸ったらすぐにざるに打ち上げます。

2.盛りつけ
三つ葉が、冷えたところで、鱧にのせればできあがりです。
食べるときに、煎り酒を鱧にかけて食べます。

ぼたん鱧は、梅肉とか酢味噌で食べますが、この煎り酒もいいですね。

わずかに香る梅酢の味が鱧の臭味を消し、鱧の味をストレートに楽しむことができます。

家内も、気に入ったようで、これで気兼ねなく作れる酒の肴が一つ増えました。


茅乃舎から登場!幻の万能調味料「煎り酒」でつくる うまみたっぷり!体にうれしいレシピ

>>「煎り酒」についてのmichiの口コミはこちら
 

【レシピブログの「煎り酒」でつくる体にうれしいレシピ」モニター参加中】


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

recommend

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

other links


レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
  • SEOブログパーツ
track feed 男の料理こだわり&いいかげんレシピ

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM