料理好きな自称グルメな男のブログ。好きだから、料理の食材や調理道具、器にも多少こだわりがあるようです。しかし、レシピといってもいたって簡単なもので、入れるものくらいしか書いていません。だから、こだわり・いいかげんレシピになったわけです。

前サイトからこちらへ引っ越すこととなり、パート2としました。 酒好きの男の作る料理を紹介いたします。これからもよろしくお願いいたします。

うなぎの白焼き、蒲焼き

なんと、我が家に活きたうなぎがやって来ました。

うなぎ

子供達はめずらしいのか携帯で写真を撮っていましたが、家内は近づこうともしません。

私の目には、おいしそうなうなぎにしか見えないのですが・・・

まずは鰻を捌くことからしなければならないのですが、そのためにしなければならないことがありました。

まず一つは、まな板を買いに行くこと。そしてもう一つは、包丁を研ぐことでした。

我が家のまな板は小さくて、以前あったさなかを捌いていた物は捨ててしまっていました。それで、近くのホームセンターで、手頃な板を買って来ました。

次に大切なのが、包丁を研ぐことです。

うなぎのさばき方は、ネットでもよく出ているので分かると思いますが、うまく捌く秘訣は、よく切れる包丁を使うことですね。

それも、プロに研いでもらうのが一番です。家庭で使う包丁は、よく切れると思っても、プロの研いだものとは全く違います。

うなぎに限らず、ご家庭で魚をうまく捌く秘訣はプロに包丁を研いでもらうことでしょうか。

で、私は・・・

包丁を研ぎに出す間もないために、ひたすら自分で研いで使いましたが、切れないことに腹を立てるありさまでした。

それで、うなぎと格闘して作ったのが、うなぎの白焼きです。

うなぎの白焼き

やって来たうなぎは、すべて白焼きにしました。

まずは、白焼きを酒の肴にして一杯。白焼きは、塩とワサビで食べました。

うなぎの蒲焼き

次に、蒲焼きです。

白焼きにした物に、タレをつけて焼きます。

今日は家内と二人だけだし、コンロで焼くと飲む暇がなくなるので、卓上の電気コンロで焼きながら食べる(飲む)ことにしました。

うなぎを焼くのは、普通の魚のように心を落ち着かせてじっくり焼くわけにはいきません。

ちょっと焼いてはひっくり返しの連続です。なので、こういうときには卓上コンロが便利で、せわしなくひっくり返しながら、頃合いを見計らって酒の肴にしていくことができます。(卓上コンロについてはこちら。

私は、うなぎの蒲焼きには山椒をふるのが好きです。

いい香りに焼き上がったうなぎに山椒の香りをのせて・・・

コレはたまらなくいい酒の肴でした。

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

recommend

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

other links


レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
  • SEOブログパーツ
track feed 男の料理こだわり&いいかげんレシピ

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM